JAグループ群馬
耕そう、大地と地域の未来
群馬県地図イメージ

みどりの風ブログ

#1339 県内一!ブロッコリーとやまといも


(11月8日収録)

JAにったみどり管内にやってきました。
県内一の生産量を誇るブロッコリーの畑です!

生産者の岩崎さん、ブロッコリー歴30年。
他にも、お米・とうもろこし・春ブロッコリー
など生産されているそうです。

寒くなってきたものの、今年はまだ温度が高く
どんどん成長してしまうので、岩崎さんいわく
「ブロッコリーに追い飛ばされてる感じ」。
成長は止められないですもんね…


「あ、うちのハニーです」
収穫は早朝から、夫婦で力を合わせて。
朝ごはんは、ハニーが作ったおにぎりを
畑で食べるんだそうです♡


こちらは収穫後の調整作業。すごい山!

沼田の鍛冶屋さんに作ってもらった特注の
調整道具で、さくさく長さを揃えていきます。
JAの星野常務もお手伝い(笑)


今年は台風などの被害も最小限で済み、
管内のブロッコリーは豊作傾向だそうです。
価格もお手頃になりそうなので、
たくさん食べていただきたいです!!

撮影が終わり、
「さーて、この2時間を取り戻さなくちゃ」
と岩崎さん。たくさんのブロッコリーが
収穫を待ってますもんね!
お忙しい中ありがとうございました!




続いては、こちらも県内一の生産量を誇る
「やまといも」。生産者の宮下さんです。
畑には何もなさそうですが、やまといもが
たくさん隠れていますよ。

やまといも掘り取り専用のトラクターで
土をおこすと…
あ!

出てきました!きれいなやまといも!

実はやまといもは「いちょういも」という種類で
関東での呼び名が「やまといも」なんです。
本来なら、名前のとおりイチョウの葉のように
平たく広がる芋。
育て方を工夫するとまっすぐ長い形になり、
味も良くなります。(皮もむきやすいですね!)

ただ、それが大変!
「水はけが良くないと病気になるし、
 水が不足すると芋(の形)が暴れ出すし、
 土作りはもちろん、植える時にトラクターで
 耕す深さ・速さ、いろんなことを試しながら
 育てます。毎年勉強です。」

やまといもはとっても繊細。
生産者の腕が試される作物なんですね。

やまといも生産者のグループでほ場を回り、
今年の出来をチェックしていました。

生産者同士の意見交換も大切ですね!



掘り取ったやまといもは、
水洗いし、長さや重さを調整し、袋詰め。

さらに、真空パックをして出荷となります。

(JAでまとめてその作業を請け負う
 パッケージセンターという施設もあります!)


やまといもの粘りの強さは、
すり下ろしても箸でつかめるほど。
具材と和えて揚げれば、さくさくトロトロの
かき揚げに♪(揚げ過ぎないのがコツです)

「この地域には、先人がつくりあげた産地を
 守る後継者がいますから。さらに盛り上げて
 いってほしいです」とお父さん。
宮下さんも「頑張ります!」と力強く答えて
くれました。



自然と向き合いながら、毎日試行錯誤する
生産者の姿を見ることが出来ました。
ありがとうございました!

All Rights Reserved.Copyright© JA group gunma.