JAグループ群馬
耕そう、大地と地域の未来
群馬県地図イメージ

みどりの風ブログ

#1336 食と農を体で学ぼう!親子農業体験


(10月20日収録)

JA利根沼田が開催する親子農業体験に
お邪魔しました。

参加者の親子は春・夏・秋3回の教室で
種まきから収穫、そして料理も体験します。


まずは、夏に植えたミニ白菜の収穫。
台風の影響で傾き、外側の葉も
少し傷んでいます。これも農業のリアル。

でも、外側をむけばきれいなミニ白菜が登場。
問題なく食べられますよ!
「今、白菜高いからたくさん持って帰りな~」


続いては大根の収穫。赤・紫・白・緑、
こんなにいろんな色があるとは!

赤い大根の葉っぱを切るとこんな感じに。
バラみたいできれいです!新発見!


やはり収穫は楽しいもの。お持ち帰り箱は
あっという間にいっぱいになりました。
「ちょ、ちょっと採るの待って!
 そんな食べきれないから一回待って!」
子ども達の歓声がだんだんと
お母さん達の嬉しい悲鳴に変わっていきます笑


地元から参加してくれたこのご家族。
弟くんは野菜が嫌いみたいですよ。
「自分で採ったのは食べられる?」と聞いたら
「…えへへ」と笑ってかわされましたが…
きっと食べてくれるはず!笑


10年前から親子農業体験に協力している
笛田農園の笛田さん。
「自然から優しさを学んでほしいね。
 それに、野菜は暑さや台風やいろんなことに
 負けずに育つんだから、あんたがたも
 頑張んなさいよ、と伝えたいね」



JAの本店に移動してきました。
続いてはオープンいなり寿司のコンテスト。
黄色いにんじんなど具材も色とりどり!

思い思いに飾っていただきます。

オープンいなり寿司、とっても華やかです!


続いてはプロの技を教わります。
ファミリーキャンプでもおなじみの青木先生。

焼き卵とチンゲン菜のおろしスープ、
大根葉としらすの生ふりかけを伝授。
大根も白菜もたくさん採りましたからね!
余すことなく使い切りたいですよね。
レシピはこちら

参加者の皆さんにも、楽しみながら
学んでいただけたのではないでしょうか!




さて、続いてお邪魔したのはJA利根沼田の
農産物直売所、食彩の森
直売所では通常、品薄になりやすい午後ですが
所狭しと並ぶ新鮮な野菜や果物たち!

それもそのはず、生産者さんが続々と
自慢の農産物を運んでくれています。
野菜やレシピを紹介するポップもたくさん!


「食べ方を聞かれることも多いので、
 スタッフが一度自分で料理して、
 味を覚えるようにしています」と星野店長。

たくさんあるりんごも、お客さんの好みに合わせ
オススメの品種を提案していましたよ!

紹介したカラフルほうれん草(スイスチャード)
やUFOピーマン、花豆あいすの他にも
定番から珍しい農産物、加工品もずらり!

「紅葉もきれいな季節だし、
 これからの時期は観光がてら寄ってほしいね」
とJAの角田課長。
きっと美味しい出会いが待っているはず!
ぜひ足を運んでみてくださいね。

ご協力いただいた皆さん
ありがとうございました!!

All Rights Reserved.Copyright© JA group gunma.