JAグループ群馬
耕そう、大地と地域の未来
群馬県地図イメージ

みどりの風ブログ

#1334 秋の味覚 新米とマコモタケ


(10月4日収録)

JA太田市の秋の味覚をお届けしました!


まずお邪魔したのはマコモタケの生産現場。
マコモタケって一体何でしょう?

生産者の加藤さんと田んぼのあぜ道を行くと…

身長よりも大きな草(!?)の森が出現!
こちらがマコモです!

実はイネ科の植物で、育て方は稲とほぼ同じ。
だから田んぼの中にあったのか~

根元の肥大した部分をマコモタケと呼びます。

むいていくと、白くてやわらかな可食部が!
アクが無く、生のままでも食べられます。
とうもろこしに近い風味と甘みというか、
筋の無いタケノコのような食感というか…
ますます不思議な食材です!


気になるのはやはりその調理法!
娘さんに色々なお料理を教わりました。

食感はタケノコのようでもアク抜きは不要。
そのまま使えてとってもお手軽です。

肉巻き、ベーコン巻(レンジでチンするだけ)、
野菜炒め、そして炊き込みご飯。

スタッフもJA職員もみんなで大試食会!
どれも美味しい~♡(全て平らげました笑)

マコモタケはこのように短く切った状態で
販売しています。
生産者も減り、なかなか市場には出ませんが、
JA太田市の直売所でこの時期だけ
販売しています。ぜひお越しくださいね!



こちらは藪塚のお米農家、植木さんの田んぼ。
藪塚かかし祭りを開催していて、
たくさんのかかしが見守っていましたよ。

今年は水が必要な時期に雨が降らずに暑く、
収穫時期に台風が立て続けに上陸するなど
なかなか厳しい1年だったようです。

そんな生産者のお話を聞き、自分の手で刈ると
収穫の重みが増しますよね。

…だから矢田さんがコンバインに乗った時は
かなりひやひやしました(汗)
お父さんに操作を教わる矢田さん。
(収穫ではなく前進・後進したのみです!)
貴重な体験をありがとうございました!

↓こちらはお父さんが運転中。
1年間、無事に育って本当に良かったです!


収穫したお米はJAのカントリーエレベーター
などに運んでいきます。
店頭に並ぶのは、乾燥させて一番おいしい状態に
水分を調整したあと。

新米はこれからJAの直売所でも
取り扱います!(11月ごろ~とのこと)

お邪魔した太田市飯塚町の九合直売所では、
「つぼ焼きいも」が人気なんです!
今日はつぼごとイベントに出張中とのことで…

追いかけてきちゃいました!

吉田店長が、イモの声を聞きながら(!)
丁寧に1時間半かけて焼くことで、
甘くしっとり仕上がるそうです。

秋の味覚ですね~♡
普段は店頭で焼いているそうですよ!



今日はJA太田市の秋をめいっぱい味わいました!
ご協力いただいた皆さん
ありがとうございました!!

All Rights Reserved.Copyright© JA group gunma.