JAグループ群馬
耕そう、大地と地域の未来
群馬県地図イメージ

みどりの風ブログ

#1296 農業にかける青春!中之条高校


(1月16日収録)

群馬県内の農業高校では、
地域と連携しながら、特色ある取り組みを
行っています。
今回は、そんな農業高校生の取り組みをご紹介!

中之条町の中之条高校にお邪魔しました。


まずは、植物科学コースのいちごハウスへ。

元生徒会長の黒岩くんに、植物科学コースに
ついて教えてもらいました。
(実は沢田の春の感謝祭以来2回目の出演!)

いちごの収穫を教えてくれたのは、松原さん。
なんか楽しそうです。笑

実習は先生から教わるだけでなく、
地域のいちご農家さんに研修に行って
プロの技を教わったりもするそうです。

研修先である茂木農園さんにも、以前取材を
したことがあります!
いちごを傷つけないための「いちご枕」
教えが生きていますね~!

生産したいちご、トマト、きゅうりは
JAあがつまの沢田農林産加工場に持っていき
加工品に生まれ変わります!

(トマトジュース、いちごジャム、
 きゅうりのお漬物「中高漬」)

実は4月から、吾妻高校と統合して
「吾妻中央高校」に生まれ変わる中之条高校。
お漬物の名前には高校の愛称を冠しています。
高校名が変わっても、中高の名前がずっと
残り続けたら素敵ですよね!

別室で試食もさせていただきました。
(商品を説明していただいた田代さんも
 2回目の出演です!)トマトジュースは、塩も砂糖も無添加。
学校で育てた「甘しずく」を100%使用していて
とにかくトマトの風味が濃く、甘い!
中高漬には、歯切れの良い品種のきゅうりを
使用していて、行者にんにくの風味も最高です。
どなたか、白ごはんをください!笑


今週の視聴者プレゼントとしてご提供いただき
PRも生徒さんにしてもらいました。
生徒さんの青春が詰まった逸品。
生産量が限られており、いつも必ずあるわけでは
ないのですが、JAあがつまの沢田直売所や
県内Aコープ等でも販売しています!
見かけたら、ぜひお試しくださいね。



続いては、高校が管理する「美野原農場」へ。
動物科学コースの皆さんが待っていました。

学校の概要について教えてくれた中島さん。

中澤さんと一場さん。
緊張気味ではありますが、皆さんしっかりと
インタビューに答えてくれます!


農場には、乳牛、肉牛、馬、犬など
たくさんの動物が飼育されています。
地元の幼稚園生などを招いた「ふれあい動物園」
も、定期的に開催しているとか!

それぞれカメラ目線(笑)

こちらは群馬県代表として、共進会の
全国大会に出場した「なかこう532号」。
皆さんは「もみじ号」と呼んでいるそうです。

共進会では、牛の体格の良さはもちろんですが
行きたい方向へ歩かせたり、止まったり、
きちんとできるかどうかもポイント。

「もみじ号ホントいい子。かわい~」
生徒さんからそんなひとり言がもれるほど、
おとなしくていい子なんです!
ひもを持って、引き運動に挑戦です。が…
引くつもりが、引かれてしまった矢田さん(笑)
信頼関係はやはり大切ですね~。


普段から農場を訪れ、生徒にアドバイスを
送っているというJAあがつまの冨澤課長。
先生や生徒とも仲良しの、気さくな方でした!
記念に矢田さんとパチリ(笑)


「わたしの出番はまだかしら…」
のぞいているのは乳牛の「ボルト号」。

日本ホルスタイン登録協会の定める体型審査で
乳牛の0.1%以下しかとれないという
最高の称号「エクセレント」を獲得したんです。

鈴木くんに色々教えていただきました。
「体の深さ(背骨~お腹までの長さ)、骨質
 など22項目をチェックされます。
 見た目だけでなく、年間1万キロ以上の乳量が
 ないといけません」

昨年受けた体型審査では、エクセレントに
1点足りない89点だったとか。
「中之条高校」のうちにエクセレントを!
と努力を重ね、1点を積み上げたそうです。


佐藤さんに教わり搾乳体験も。
機械も本格的です!


みんなで記念写真!
矢田さん、リーダーみたいになってます。笑



群馬の農業の未来を担うであろう高校生。
とてもフレッシュで楽しそうで、
皆さんの明るい笑顔に
「群馬の農業はきっと大丈夫だ!」なんて
気持ちになりました。
ご協力いただいた生徒さん、そして先生方、
ありがとうございました。

All Rights Reserved.Copyright© JA group gunma.