JAグループ群馬
耕そう、大地と地域の未来
群馬県地図イメージ

JAと地域との架け橋に

女性部

土屋 玲子さん

JAぐんま女性組織協議会長 (JA碓氷安中女性部長)

  • 農業経営: 米17㌃と家族で食べる野菜を少数多品目で栽培


 2017年4月からJAぐんま女性組織協議会の会長に就任した土屋さん。県内各地の5525人の仲間とともに、料理づくりなどの食農教育に関わる活動の他、手芸やスポーツなどを通じて交流しています。

 土屋会長はJA碓氷安中女性部の部長でもあり、2015年から農作業で使うスコップを三味線のように見立てて演奏をする「スコップ三味線」で親睦を深めています。「大きな音を立てて演奏するのでストレス発散になる」と部員達にも好評です。介護施設や学校などで演奏をするときもあり、地域の人と交流する大切な活動となっています。

 JAぐんま女性組織協議会では仲間作り運動を進めており、昨年から「ぐんまのいいものもらっちゃお!キャンペーン」という加入者と紹介者に群馬県産農畜産物などが当たるキャンペーンを実施しています。このキャンペーンにより、昨年度は384組の応募があり、今年度も行う予定です。土屋会長は「明るく、元気な仲間が活躍しています。興味がある方はぜひ、仲間に加わっていただき、一緒に楽しんでいきましょう!」と呼びかけています。

 問い合わせはJAぐんま女性組織協議会事務局のJA群馬中央会・総合企画部027-220-2025まで。

All Rights Reserved.Copyright© JA group gunma.